歯科医院で歯を白くする方法

doctor_076

ここでは歯科医院で歯を白くする方法をご紹介します。

クリーニングや歯石除去などの治療の延長上の処置から、オフィスホワイトニング、セラミッククラウンといったホワイトニング用の治療があります。

健康保険の適用・適用外によって費用が大きくかわるので、メリット・デメリットをよく理解してから歯科医院に相談してみましょう。

クリーニングや歯石除去で歯を白くする方法

ƒvƒŠƒ“ƒg

歯科医院に通っていると、治療の際に歯石除去やクリーニングをしてもらうことができます。

これは虫歯や歯槽膿漏などの治療を受けた際、治療の最後の日に仕上げとして行われることが多いですが、健康保険が適用になりますし、歯石除去をすることで歯槽膿漏や虫歯の予防することができます。

一度除去しても時間がたつことで歯石は再度蓄積されますので、定期的なクリーニングで歯石を除去してもらうことで、健康で美しい歯を保つことができます。

歯茎の付近が茶色く汚れている場合は、歯石除去をすることで歯を白くすることができるケースもありますが、実際にそれだけで歯を白くすることができるかというと、そうではありません。

あくまで歯石が原因で歯が黄ばんでいた場合のみその部分が元の白い色に戻りますが、時間をかけて黄ばんでしまった歯の全体の色素は、歯石を除去するだけでは歯を白くすることはできません。

 

歯のホワイトニングがおすすめ

歯科医院で歯を白くする方法として最もおすすめなのが、歯のホワイトニングです。

これはオフィスホワイトニングと呼ばれる方法で、多くの歯科医院で行われている方法です。

多くの歯科医院では、歯を白くするためのホワイトニング治療を行っており、多くの方がホワイトニング治療で白く輝く歯を手に入れています。

歯を白くするためのホワイトニング治療は、歯の病気ではありませんので審美歯科のカテゴリーになり、治療費は自費となっています。

自分の歯を白くする方法ですので、自然な白さになりますし、続けることでより一層の白さを手に入れることができます。

歯に薬剤を塗り、その上からレーザーを当てて歯を白くする治療で、特徴としては短期間で歯を白くすることができますので、就職活動や結婚式を控えている方からの需要が高い治療法です。

少し薬剤がしみることがありますが、それほど痛くありませんし、痛みを感じない方もいます。

歯医者に定期的に通う必要はありますが、治療をするたびに確実に歯が白くなったことを実感できる方法ですので、歯が黄色くて悩んでいる方は一度治療を受けてみてはいかがでしょうか。

費用は片方の顎で1万円台から行われているところが多く、両方の顎の場合はその2倍です。

自宅で簡単に行わるホームホワイトニングも人気で、歯型に合わせたマウスピースを作ってもらい、ホワイトニング用の薬剤を流し込んで行う治療です。

ホームホワイトニングは毎日行うことで歯の白さを実感できるようになりますし、通院の必要が無いのがメリットです。

オフィスホワイトニングとの併用も可能です。

セラミックを使って歯を白くする方法

0-70

笑ったときに見える白く輝く歯は、多くの方があこがれており、そのため歯を白くするアイテムが販売されていたり、クリニックでは歯を白くするための治療が行われるなど、歯のホワイトニングに関心が高まっています。

自分の歯を白くしようとすると、もともと歯があまり白くない方もいるため、有名芸能人やタレント、モデルのような白い歯を目指しても同じようにならないケースもあります。

有名芸能人の歯で、白く輝く歯の方の多くの方は、歯科医院でセラミックという素材を使った治療で歯を白くしているのがほとんどです。

勿論自分の歯がもともと白く、歯並びも良いためそのまま自分の歯を白くするためにメンテナンスをしている方もいますが、綺麗な歯並びで白すぎるほど真っ白という場合は、セラミッククラウンという方法で歯を白くする治療をしているケースが多いと考えられます。

 

セラミッククラウンとは

セラミッククラウンという治療は、歯科医院で受けられる治療の方法で、自分の歯にかぶせものをして歯を白くするのが特徴です。

素材の特徴としては、保険診療で使われているプラスチックに比べると審美性が高いため、透明感があり、白い状態の歯を長く保つことができるメリットがあります。

健康保険が適用されるプラスチックの素材のものを使った治療をすると、土台の金属の影響で金属アレルギーになったり、歯茎が黒ずむといったデメリットがあることがわかっています。

実際、前歯にプラスチックを使った治療をして歯茎が黒ずんでいたり、金属が露出して黒くなるといった方は多く、そのような方が歯を白くしたい場合にも最適の治療法です。

セラミックを使って歯を白くしたいけど、費用が心配という方は、プラスチックを混ぜたハイブリッドタイプの歯にする方法もあります。

ハイブリッドタイプは健康保険が適用になりますので、ある程度の審美性を保ちつつ、費用を抑えることができます。

モデルやタレントのように白い歯に憧れている方に、お勧めの方法です。

効果と価格でランキング!歯を白くするケア用品

▼歯を白くするアイテムを選びたいなら♪▼歯を白くする>>歯を白くするアイテムの詳細情報はこちらから確認できます!<<